みんなと楽しむバスツアーの旅
2019年4月24日

東京夜行バス乗車時には締め付け無しの衣類がベスト

特に女性は毎月発行のファッション誌にも目を通し、常にお洒落には敏感ですから、東京から利用する夜行バスに乗車をする時にも、洋服のことをもキチンと考えます。

確かに日中だけのお出かけであれば、トレンド重視で洋服を選びますが、東京より乗り込む夜行バス利用時には、お洒落よりも重視したいのが、締め付けの少ない衣類です。タイトスカートやピタピタのボディコンシャスなデザインは、長時間座席に着席をする状態なので、かなりきついと感じます。いつもならタイトなデザインのパンツもデニムもお洒落アイコンになりますが、東京からの夜行バスに乗る時には締め付けてしまうので避けたほうが無難です。

普段はデスクワークであっても、お茶を用意したりトイレに立ったりと立ち上がる機会は意外とあります。でも夜のバスに乗ると長い時間同じ姿勢で座りますので、いつの間にか下肢がうっ血したということにもなりかねません。安易に考えられないのはエコノミー症候群の可能性も秘めているからであり、締め付けなど気にしないボディに負担のかからない種類を選ぶことです。

女性の場合は下着にも意識をしたほうが良いので、硬いワイヤー入りよりもこの時ばかりはノンワイヤーの方が、夜の時間を快適に過ごすことができます。足もとをリラックスさせるため、ゆとりがあるロングスカートや、マキシ丈ほどの長さのワンピースなども楽です。起きている時は意識がありますが、眠ると脚はかなり開放的になるので、ゆったり目がマストです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *